妻 浮気

妻の浮気相手に制裁する方法

妻の浮気相手に制裁して慰謝料をもらう方法と手段。嫁の浮気が露呈した後はおもいきり衝撃ですよね。上さんの品行がすごく冷酷になってしまって、妹背の結びつきが衰弱してきたと自覚し始めていたら、いつもスマートフォンをいじるようになってしまって、洗濯や育児をそんなにすることがなくなって、家を空けて外出することが重ね重ねになった折り。

 

結婚の性生活が撥ね付けられるようになり、言葉を交わすことがあまりなくなった。

 

夫との情交はとんとしなくなったのに、奇抜な下着類が豊富になってきて、香しいパフュームをつけてファッショナブルな服で、朝帰りするまで仲よしと飲み会をすることが多数になってきたとき。

 

亭主にとっては、当然に情事をしているとしか受け取れないがしかし、証拠が無いのに問い立てても言い訳される。

 

だからと言っても、こんな状態のまま看過していると自分が鬱になってしまう。

 

さらに、未成年の子供にとってもわるい影響。

 

妻の浮気相手に確実な制裁をするには?

 

ワイフの密通が疑わしい折りには、確かなプルーフ掴み取る。

 

確実なエビデンス掴み取るまでは、密通を疑っていることを口外しない方が賢明だ。

 

ママが不貞をしているのではないかと疑わしげに思ったとき、ふつうはワイフが所有しているiPhoneを調査して、他の男と不義なラインをしていないか、トラヴェルの時刻表がないか調査しますよね。

 

他にも、嫁はんの車にGPSを忍び入れたりして、生活をモニターするということもされるでしょう。

 

それでも、それでは法的に法的に有効な姦通のプルーフと見なされないことを分かっているでしょうか?。

 

亭主にとっては、家内が奸夫と不謹慎なメールのやり取りをしていて、一緒に旅行に行きたいとか言い合っていたら、そういうことは密通と見なすますよね?。

 

ましてや、奥さんの密通が疑わしげなためにGPSで行く先を追跡しているその時間に現在の場所が宿泊施設で止まったら、激憤してしまいますよね。

 

けど、裁判になった時には「不貞行為」が無ければ、姦通だと査定されません。

 

男と上さんが体の交わりをしていて初めて、法律的な立場から情事と判定されます。

 

反対に、嫁が誰かと性行為していないにもかかわらず、不義だと決めつけて怒って詰め寄ると、こちらの立場が悪化してしまいかねない。

 

妻の浮気体験談

 

証拠が不適当な状態で、嫁はんの姦通を尋問して不成功に終わった出来事紹介。

 

ボイスレコーダーに録音した浮気相手と家内の性行為時の会話。

 

嫁さんの生活が疑わし気になり、音声録音機をポーチに隠し入れたりしておきました。

 

帰ってきて確認してみると、間男と性行為している声が確認できました。

 

これは確然たる確たる証拠だと思い込んで奥さんをしているのかもしれない審問したら、不義を是認しました。

 

されども、いざ密夫に対して慰謝料請求をしようとすると、突然に主張を曲げたのです。

 

ラブホテルに一人で休憩に入り、男と共にではないと。

 

そんな言い逃れはバカげていると感じましたが、弁護士に問い合わせてみても、結局不倫の現場を激写するなど証拠資料として残しておかないと、訴訟面で明白な浮気の裏書きと見なされないとの返事。

 

家内が車のシートの上で間男とキッスしていたにも関わらず・・・。

 

妻の帰ってくる時間が深夜零時を過ぎたので、会社に駆けつけてみたところ、もはや閉まっていました。

 

駐車場に家内のカーがあり、まさか姦夫と唇で愛撫をしているのです。

 

私は心神喪失しそうになってしまいました。

 

腹立たしさあまり、スライドドアをオープンして大声で叱責して、相手のIDを出させ、慰謝料の請求を行いました。

 

でも、1週間後に間男のロイヤーから書類が寄こされ、あなたがしてしまった行為は脅迫罪になると判断しているので、ポリスに被害届を出すと伝えられました。

 

さらに、車内でキスしただけでは不貞行為に該当しないので、浮気の慰謝料を支払うオブリゲーションは無いというのです。

 

私としては非情に混迷しました。

 

妻が密夫とディープキスしている現場を目撃して、不倫じゃないなんておかしいじゃないかと感じました。

 

挙句の果て、示談となりましたが、こちらとしては不名誉な気持ちです。

 

万が一にもママの姦淫が突き止められたとしても、自分の言葉で報復は避けてください。

 

なぜかというと、自分自身で制裁を与えると、あなたの立場が悪化してしまうためです。

 

相手に責めがあるからと言って、嫁に絶叫してどなりつけてしまったら、DVと解されて離婚裁判に訴えられたときに桁外れに弱い立場になります。

 

凄まじい語気で叱られたので精神障害にかかったと診断書を医者に書かれて、家内が法廷に提示してしまいかねません。

 

他には、奸夫のことを打ちのめしてやりたいと激昂する男性もいるのは当然ですが、間男に対して損傷を与えてしまうと自分自身が加害者となってしまいます。

 

仮に暴挙を働かなかったとしても、叫んで叱りつけてしまった時には脅迫罪で訴えられるケースも多くあります。

 

自分の言葉で懲罰を加えると、ひどく情けない結果になることが大抵である。


ダイエット ダイエット ダイエット ダイエット